カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

さぼてん/サボテンと多肉植物の置き場所

さぼてん/サボテンと多肉植物管理

サボテンの置き場所
出来ることでしたらフレームなどの栽培設備があるとよいのですが、理由としては水の量の調節ができる。サボテン原産地の降水量は日本の10分の1程度、或いはそれ以下の地域が多い為雨よけをしないとほとんどのサボテンにとって管理環境としてはよくありません。

『春と秋のサボテンの置き場所』
サボテンの生育時期ですので、十分に日の当たる場所に置いてください。春先や晩秋頃は外気温が低くとも設備内の場合思わぬ高温多湿となる場合があるので注意し日中は風通しを良くし20〜30度くらいに保つようにしましょう。

『夏場のサボテンの置き場所』
日本の夏は高温多湿となりサボテンにとっては決していい環境とは言えませんので、この時期は無理をせず休眠させるくらいの気持ちで管理しましょう。
35度以上になる場合、遮光の必要があります。

『冬場のサボテンの置き場所』
ほとんどのサボテンが休眠期に入りますが、日によく当てるようにしましょう。出来ましたら最低5度以上は保つように心がけましょう。ほとんどのサボテンは断水することにより−2〜−5度くらいになっても冬越しすることができます。

多肉植物の置き場所
サボテンと同じように原産地の環境に近い形での管理を心がけましょう。

『春と秋の多肉植物の置き場所』
多肉植物の生育時期になりますので、風通しに気をつけて十分に日に当てるようにしましょう。
特に秋は夏場に弱った株を回復させましょう。また気温が下がってきますとそろそろ紅葉してくる種類も出てきますのでそろそろ冬支度します。

『夏場の置き場所』
この時期は多肉植物にとって一番いけない季節、徒長しやすいのであまり気温が上がる場所には置かないように注意しましょう。小さい株ほど水切れに注意しましょう。

『冬場の置き場所』
日中は日によく当たる場所に置くようにします。このころになると紅葉しますので、紅葉を楽しみながら管理をしましょう。

さぼてん/サボテンと多肉植物の水やり

さぼてん/サボテンと多肉植物管理

さぼてん/サボテンと多肉植物の見やりのタイミングは?水やりのタイミングや水の上げ方について説明 『さぼてん/サボテンの水やり』
サボテンというとイメージ的に水はほとんど上げなくても良いと思われがちです。
実際はそうでもありません。一番良いのは購入されたサボテンの原産地を調べて頂き、同じような環境で育てることです。
原産地を調べますと雨季と乾季がある場合も多く、一般的な植物に比べれば乾かし気味にしますが、上げるときは鉢の底から水が溢れでるまでたっぷりと上げてください。
日本国内ではサボテン大半は生育期は春と秋ですので、春が一番たっぷりと上げ次いで秋、夏、冬の順にあげてください。

『多肉植物のみずやり』
サボテンと同じように多肉植物も多くの種類が砂漠や海岸のような乾燥地帯で生育していますので、同じように春にたっぷりと次いで秋、夏、冬の順に水を上げてください。

さぼてん/サボテンと多肉植物の見分け方

さぼてん/サボテンと多肉植物管理

さぼてん/サボテンと多肉植物は種類も多く明らかにさぼてん/サボテン、多肉植物と見分けがつく種類もあればこれはどちらなのだろうかと迷ってしまう品種もあります。

一般的に言われていますのが
サボテンのトゲは葉が退化したもの
多肉植物のトゲは肌が隆起したもの
と言われていますが今一つ区別しにくいものです。
下記画像は左側がサボテンで右側が多肉植物です。
見分け方としては、ほぼ全てのサボテンには、下記左側のようにトゲ座と言われる座布団のようなものにトゲが出ています。
右側にはありませんよね。ですので左側がサボテンで右側が多肉植物となります。


さぼてん/サボテンと多肉植物の見分け方