カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

緋牡丹ミックス 12ケセット サボテン/さぼてん/寄せ植え/子供に人気

子供たちにも大人気の緋牡丹寄せ植え例
▲子供たちにも大人気の緋牡丹寄せ植え使用例 子供たちにも大人気の緋牡丹開花例
▲春から夏にかけてご覧のような花を咲かせます

緋牡丹ミックス 12ケセット サボテン/さぼてん/寄せ植え/子供に人気

価格:

4,536円 (税込)

[ポイント還元 45ポイント〜]
購入数: セット
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

比較的赤が多いのですが、今回はピンクあり黄色あり、複色ありと色合いもカラフルでお子さんにも大人気アイテムの緋牡丹。フリーマーケットなどに出店した際にもこの緋牡丹が最初に完売してしまうほどの人気ぶり。
サボテンの寄せ植えにしてもこの緋牡丹があるだけで、可愛らしくまとめることができます。
店頭に置かれましても、この緋牡丹たちのカラフルな色合いが遠くからでも目を引きます。

イベント販促としてプレゼントされてはいかがでしょうか。もらった方々の笑顔が目に浮かびます。

【緋牡丹とは】
・品種名:緋牡丹
・科名:サボテン科
・属名:ギムノカリキウム属
・原産地:パラグアイ
・育てやすさ:★★★★

緋牡丹とはサボテン科、ギムノカリキウム属の球状サボテン/さぼてんで幹全体が鮮やかな赤色が一般的です。緋牡丹自身が葉緑素をもたない為、単体での生育は難しく多くの場合、他の柱状サボテン/さぼてんを台木とし、その先端に接ぎ木し育てます。
生育方法は一般的なサボテン/さぼてんに準じますが、通常のサボテン/さぼてんと違い数十年育てて大きくしてといった楽しみ方が植物の性質上難しいので、今を楽しみ可愛らしい花を咲かせますので、花の咲くところを楽しむといった管理方法した方が宜しいでしょう。

【出荷仕様】
鉢サイズ:2寸
地面からサボテン先端までサイズ:10〜13cm
入り数:12入り

【緋牡丹の管理場所】
夏場は直射日光を避けて日当たりがよく通気性のよい場合で、できる限り直接雨の当たらない場所を選んでください。鉢植えなどの場合は雨が降ってきたらひさしのある場所へ移動してあげましょう。
冬場は室内の日当たりの良い場所が良いでしょう。

【緋牡丹の水やり】
水やりは控えめにし生育時期である春から秋にかけては土が乾いたらたっぷりと水を上げるようにし、冬場は完全に水を切らしてしまうと枯れてしまいますので、月に1度土を湿らす程度にとどめておきましょう。

【緋牡丹の植え替え】
2〜3年に1度根つまりした頃に植え替えます。時期としては3〜5月が最適で、次いで9月中旬〜10月頃までに行いましょう。
まず、高温多湿を避けて植え替え数日前から水やりはしないようにし乾燥させ、鉢から取り出し、古い根や腐った根は清潔なハサミやカッターナイフ等で切り取り、切り口から雑菌が繁殖しないよう数日根を乾かした後、新しい鉢に植え替えるようしてください。植え替え後はすぐに水は与えず数日置いた後あげてください。

【緋牡丹の増やし方】
緋牡丹は基本的には繁殖せず、購入した株を楽しむのがメインとなる植物ですが、緋牡丹を繁殖させる場合は「台木となるサボテンを用意する」「本体から出た小株を接ぎ木する」といった手順で増やします。株同士の相性もありますので必ずしもうまく活着するとは限りません。

【緋牡丹を枯れさせない為に】
高温多湿の場所は避け、水のやりすぎに注意しましょう。サボテンは基本的に水分を蓄えることができる性質を持っていますので、生育期には土が乾いたらたっぷりと冬場は月に1度湿らす程度で。冬場は寒風や霜に直接当たらない場所で管理するよう心がけましょう。

【緋牡丹用用土】
水はけのよい土を使用し、サボテン用の用土が便利ですが、当店取扱商品のネオコールを使われてもよいです。
環境にやさしい天然素材100%のネオコールへ